板橋区 上板橋 常盤台 上板橋駅南口すぐ(20秒) 鍼灸・整体治療 「なかじまはりきゅう治療院」

はり・きゅう

鍼、灸でツボを刺激して痛み・凝り・疲れを解消します。

人体には、約350個のツボが存在します。
鍼灸治療は、このツボに的確に適正な刺激を与えることで
生体機能を正常化させ様々な症状を改善させていきます。
このツボは、日本で約1,500年前(中国で約3,000年前)より経験的に
観察・考察されてきたものです。

鍼灸治療は、東洋医学として伝統的で歴史のある治療技術です。
1979年には、WHO(世界保健機関)にて鍼灸治療の有効性が認められております。

例)
・胃痛に対して、足三里というツボを鍼灸で刺激すると、胃の機能が活性化されて
 痛みが改善される。

・便秘に対して、合谷というツボを鍼灸で刺激すると、大腸の機能が活性化されて
 便通が改善されます。

・痛みやコリのある筋肉に対して、鍼灸で刺激すると、筋肉への血流が増加して
 組織の修復が活発になり筋肉の痛みが改善されます。

※実際の治療に関しては、数か所のツボを併用して治療していきます。



清潔で安全な使い捨て(ディスポーザブル)の鍼を使用しております。
痛みの出にくい細い0.12mm~0.18mmの鍼を中心にステンレス製で滑らかに刺入できる鍼を使用しております。



灸のサイズは、お米の半分の大きさです。(=小さい)
灸点紙を使うことでヤケドを起こさないようにお灸ができます。


鍼灸治療の効果



鍼灸治療には、人間が本来持っている自然治癒能力を活性化し、ホメオスタシス(生体の内部や外部環境因子の変化にかかわらず、生体の状態が一定に保たれるという性質)を働かせて病気の治癒を促す力があります。



などが挙げられます。
上記の反応が起こるには、体内において、
血管の拡張、血管運動亢進、血管透過性亢進、血流量の増加、白血球の増加、
抗体産生の亢進、神経伝達物質による諸機能の調整、内分泌系による諸器官の調整が行われるためです。

WHOが認めた適応疾患



【神経系疾患】

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・
不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・
腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・
肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・
小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善


鍼灸治療の保険適応





1.神経痛 2.リウマチ 3.頚腕症候群 4.五十肩 5.腰痛症 6.頚椎捻挫後遺症

上記6疾患のいずれかであると医師に診断され、医師に同意書に記入頂くことにより、療養費の支給が受けられます。
クリックで同意書をダウンロードすることができます。
ファイルを参照するには、Adobe Readerが必要です。


なかじまはりきゅう治療院
板橋区上板橋1-13-17 Tel 03-6781-4976
鍼(はり)・灸(きゅう)・整体・整骨(姿勢改善)・カイロプラクティック

店舗名

なかじまはりきゅう治療院

住所

〒174-0076
東京都板橋区上板橋1-13-17

地図

電話

TEL: 03-6781-4976

休診日


業種

鍼(はり)・灸(きゅう)・整体・カイロプラクティック 治療院