板橋区 上板橋 常盤台 上板橋駅南口すぐ(20秒) 鍼灸・整体治療 「なかじまはりきゅう治療院」

なかじまはりきゅう治療院では、患者様の身体のことを一番に考え、痛みや不快な症状の原因を明確にして的確で丁寧な治療を提供しております。
そして、患者様に元気なココロとカラダを一日も早く取り戻して頂けるよう全力を尽くしております。
板橋区上板橋、常盤台で鍼(はり)・灸(きゅう)・整体・整骨(姿勢改善)治療を始めて13年目となります。

全ては患者様の笑顔のために!

東京都板橋区上板橋1-13-17
Tel 03-6781-4976




トピックス

・12月に入りました。今年も残り1ヶ月です。忙しい季節になりました。
そして大掃除の季節でもあります。皆さんはやりますか?なかじま治療院もしっかりやります。
お掃除をいっきにやり過ぎると傷めやすいのが五十肩です。肩が上がらない、洋服を着るのが辛い、睡眠中に痛いなどの症状が出てきます。
注意点は胸を開いて背中を伸ばして行って下さい。背中を丸めてゴシゴシ磨くと肩に余分な負担がかかり腱板炎、滑液包炎、石灰沈着から筋疲労などで辛い痛みが出現してきます。
綺麗なおうちで痛みなく年末を迎えましょう。
背中を伸ばしていると冷え対策にもなりますよ!


・A.Kさん
Sさんをご紹介いただきありがとうございました。
Sさんの腰痛の原因は脊柱管狭窄症に骨盤の歪みと坐骨神経への負担が重なったものでした。とても辛かったと思います。
鍼、整体治療で痛みなくスムーズに動かせるようになりました。
良い状態が安定して続くようにするにはもう少し治療が必要ですと伝えさせていただきました。
1日も早く回復するように治療させて頂きます。


・M.Hさんが
脚が痺れて普通に歩くのも辛い状態から回復して山登りに行ってくることが出来ましたと連絡をくれました。
腰の状態が悪くなると脚の痺れが出てきますので良い状態が安定して続くようにしていきましょう。
ご連絡ありがとうございました。
まずはホッとしております。


・T.Kさん
Rさんをご紹介いただきありがとうございました。
腰痛は第4腰椎の関節の動きの低下と骨盤の歪みが原因でした。
首痛は椎間板への負担と姿勢の悪さからくる首から肩にかけての凝りが原因でした。
整体、カイロプラクティックで原因を取り除くと痛みなく動かすことが出来るようになったので大丈夫だと思いますが姿勢の悪さは少し直していったほうが良いと伝えさせて頂きました。


・K.Mさんが通りがかりに治療院に寄ってくれて、足底筋膜炎の痛みがなくなりフルマラソンの練習にしっかり取り組めていますと伝えてくれました。
マラソンシーズン到来ですね。良い結果が出るように協力させて頂きます。
足底筋膜炎は体のバランスの崩れから発症しやすくなるのでバランス調整ストレッチを忘れずに行って下さい。調子が良くなってきた時ほど要注意です。


・Oさん夫婦から
開院10周年のお祝いにバームクーヘンをいただきました。
ありがとうございました。
立派な樹木のようになかじま治療院が "これからもたくさんの年輪を重ねていけるように" という意味合いも含んだバームクーヘンのプレゼントだそうで身が引き締まる思いと感謝の気持ちで一杯になりました。
膝の痛み、腰の痛みはなくなりましたが快適な身体になるようにカラダの躾体操を含め頑張っていきましょう。


・上板橋駅改札で友人と待ち合わせをしているとMさんとバッタリお会いしてちょっとお話しすると無理をしなければ腰の痛みは出ない状態だという事で少し安心しましたがまだ良くしなければと再認識しました。
もっとスムーズに動けて負担のかからない体にしていきましょう。


・N.Mさんから
開院10周年のお祝いにお花をいただきました。
誠にありがとうございました。
右五十肩はよくなりましたがバネ指はまだ動きにスムーズさがないので引き続き治療していきましょう。ストレッチも忘れず行って下さいね。


・(ありがとうございます)
皆様のお陰で
なかじま治療院は開院10周年を迎えることができました。
上板橋駅南口に移転後も引き続き当治療院に足を運んでいただいている事に感謝いたしております。

全ては患者さまの笑顔のために!

更に良い治療が提供できるよう励んでまいりますので今後もよろしくお願い致します。


・(患者さんからの質問)
正しく歩くためにはどうやって歩くんですか?
膝に負担を掛けないように歩くにはどうしたら良いのですか?
というご質問をいただきました。
なので皆さんと考えてみたいと思います。
質問に対する答えを下記から選んで下さい。

1.お尻を使って歩く
2.背中を使って歩く
3.脚を使って歩く
4.膝を使って歩く
5.全身を使って歩く
6.腰を使って歩く
7.足首を使って歩く
(すいません、7択になってしまいました!)

カラダの躾体操を受けた方は間違えないと思いますが…

答えは、トピックスの一番下にあります。


・(姿勢改善)
正しい姿勢、正しい身体の使い方を身につけるための体操コースを始めました。

題して "カラダの躾(しつけ)体操"です

教育機関などで道徳的な躾は教育されますが身体の躾はほとんどの人がされていません。身体の正しい使い方を知らないまま誤って身体を使っていると痛み、凝り、不快な症状、ケガへと繋がります。
正しい姿勢、正しい身体の使い方を習得して疲れない、傷まない、壊れないそして楽に動ける身体を手に入れませんか!

カラダを躾て
長寿社会を元気に生き抜く
ストレス社会を健康に生き抜く
気忙しい世の中をゆったりと生き抜いていきましょう。

ご自身の身体を良い状態で長く使い続けていくためには身体を正しく使う事がとても大切になります。
興味のある方はご相談ください。


・(食欲の秋)
健康のため栄養に気をつけて食事をする人は多いと思います。
でも栄養学は難しいですよね。
もう少し簡単な方法があります。
文字、温度、硬さ、色、砂糖を意識する。
・文字
ひらがな、漢字の食べ物を選ぶ(例:ミックスフライではなく焼き魚、パンケーキではなく大福、カップラーメンではなくおにぎり)
・温度
温かいものを選ぶ(冷たいものより常温のもの、常温より温かいものを選ぶ)
・硬さ
歯応えのあるもの、硬いものを選ぶ
・色
黒、黒に近い色の食材、色の濃い食材を選ぶ(キクラゲ、黒ごま、しいたけ、のり、黒豆、玄米…)
・砂糖は取らない

ということに気をつける事でも健康的な食事に近づくそうです。


・U.Yさんが
2週間程の別邸の庭園の手入れが左膝に違和感を感じることなく無事に出来て帰って来られたという報告と日本酒、ぐい呑のセットをお土産に頂きました。
ありがとうございました。
また気をつけて島根での作業をしてきて下さい。
出来れば正しく歩けるよう、正しい姿勢になるようカラダの躾をしていきもっともっと良い状態で体を長く使い続けていけるようにしていければと思っております。


・肩の痛み
肩こりがひどすぎて痛くて辛くてどうしようもないので鍼治療をして下さいと言って来院された患者さん。
話を聞くと整形外科、接骨院、整体に行っても良くならない。レントゲンをとっても問題なし。カイロでボキボキしても変わらない。もうどうしたらよいのか…といった感じでした。
首の状態を診ていくと頚椎の4番目と5番目の間にある椎間板に負担がかかっていたので椎間板体操を行いました。すると辛さはまだあるけど来た時の痛みは無くなっていますと。頭を前、後、左右に動かしてもらうとさっきよりもスムーズに動かせますとなりました。
この後硬く縮こまった筋肉に鍼治療を行い、首の椎間板に負担のかからない体に調整するとまだ完全ではないけれどだいぶ楽になりました。何時までこの辛い状態が続くのだろうかという気持ちもなくなりホッとしました。と言って帰られました。
この様に首に原因があって肩が痛くなるというケースもあるんです。良く症状を診て原因に対して適切な治療をすることが大切になります。


・A.Tさんありがとうございます。
ご紹介して頂いたYさんが来院されました。
右肩関節の痛みは回旋筋腱板に負担がかかっているためと思われます。
1日も早く痛みが取れるよう最善を尽くさせていただきます。


・後谿(こうけい)
後谿とは手の小指の付け根の外側にある経穴(ツボ)です。
首が痛くて動かせない患者さんの治療にこの後谿というツボを使うことがあります。
鍼で浅く何度か刺激します。
すると痛みと動きが改善されてきます。患者さんは痛みのある首を触られていないのに症状が良くなるので驚かれます。
なぜ効果が出るのかという事は色々あるのですが後谿というツボの流れ(経絡)が首まで繋がっているという事が1つあります。

・移転のお知らせ
1月21日(土)
上板橋駅南口徒歩20秒(駅前左側すぐ)
(板橋区上板橋1-13-17)
*電話番号に変更はございません

この度、当治療院建物が老朽化による解体建て直しとなるため移転する事となりました。大変ご迷惑をお掛けいたしますが今後もよろしくお願い致します。
新治療院
・東京都板橋区上板橋1-13-17
・Tel 03-6781-4976 (変更なし)


答え: 5.全身を使って歩く
(回答の説明と全身を使う歩き方についてはまた解説していきますね)



はり・きゅう・整体・カイロプラクティック・スポーツ障害・姿勢改善






店舗名

なかじまはりきゅう治療院

住所

〒174-0076
東京都板橋区上板橋1-13-17

地図

電話

TEL: 03-6781-4976

休診日


業種

鍼(はり)・灸(きゅう)・整体・カイロプラクティック 治療院

スマートフォンサイトはこちら